読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フローラSの予想!

 

はいどーも。さぶろーです。

今回は東京競馬場で行われるフローラS(GⅡ 芝・2000m)の予想を行っていきます。

 

このレースはオークスのトライアルレースということで、ここで権利を獲得しないとオークスへ向かえない馬やここを勝って弾みをつけてオークスに望みたい馬など、いろいろな思惑の中で行われるレースであり、注目の一戦。

 

といっても、メンバーを見渡すとOP勝ちが2頭と500万勝ちが2頭で、あとは500万以下でも勝ちきれない馬や未勝利を上がったばかりの馬が多いので、そこまでレベルは高くない印象。そうなると、能力比較だけでなく展開や馬場をしっかり読むこともいつも以上に重要になりそう。

 

過去のレースでは3枠が毎年のように馬券に絡んでおり、今年も上位人気馬が3枠に入っていますので、要注目か。

 

また、開幕週の東京ということでキレ負けしない馬が良さそうで、父がSS系でない馬は割り引いていいと思います。

 

それでは予想に参ります。

 

本命◎はレッドミラベルにしました。

前走は直線で余裕がありながらも後続に3馬身半をつける快勝で、相手が弱いながら着差以上に強く見えました。また、勝ち時計も同日に同コース行われた4歳上1000万以下の勝ち時計よりも1秒近く速く、中山記念勝ち時計と1秒余りの差だけということで、未勝利上がりながらもここでは能力はひけをとらないと思います。新馬戦から2戦続けて騎乗したM.デムーロJも気に入っている様子ですし、それなりに強い馬であることは間違いないでしょう。心配は馬体重で、今日も減っていたら考えものではあります。

 

対抗○はホウオウパフュームにします。

ここ2戦は2000mを使われて2連勝と距離の心配もなく、レース内容を見ても、直線を向いて並ぶまもなく突き抜けており、ここでは能力上位であると思います。

 

単穴▲はタガノアスワドにします。

前走は勝った競馬でしたが、ファンディーナが鬼脚で突っ込んできての2着でこれは仕方ない敗戦か。それでも後続には7馬身差をつけており、ここも逃げ粘る可能性は十分にあります。

 

特注☆は人気ブログランキングへにします。

ここ2戦は勝った相手が強すぎ。それでも3着馬からはそう離されている訳ではないので、盲点になってなっているのであれば狙ってみます。スタートがあまりよくないのですが、普通に出ればここでも十分やれると思います。

 

あとは

前走快勝でこのコースと相性抜群のヴィクトワールピサ産駒で池添が遠征して騎乗のザクイーン

スローからの末脚勝負であればニシノアモーレ

 

さらに君子蘭賞組の相性が良いので、

前走2着も人気がなく今回もスローになりそうで再び展開が向きそうなヤマカツグレース

前残りの展開を最後方からつっこんできたレッドコルディスまで拾います。

 

まとめ

◎レッドミラベル

○ホウオウパフューム

▲タガノアスワド

人気ブログランキングへ

△ザクイーン

△ニシノアモーレ

△ヤマカツグレース

△レッドコルディス

 

さて、どうなるでしょう。

福島牝馬Sの予想!

 

はいどーも。さぶろーです。

今回は福島競馬場で行われる福島牝馬S(GⅢ 芝・1800m)の予想を行っていきます。

 

みなさまお久しぶりです。ここのところ忙しくて、ブログまで手が回りませんでした(^-^;

これからも、基本は土日のみの更新になっていくかもです。ただ、このブログはあくまでもメモですので、少しでも更新できれば自分のためになるので、頑張ります。

 

さて、先週は皐月賞でしたが、◎ウインブライトで外れ…あれだけ時計が速くなると追走で精一杯でしたかね。勝ったのはアルアインで、2着馬はペルシアンナイトとマイル辺りを中心に走っていた馬でしたので、時計が速くなるとマイル経験が生きるのかなあという印象でした。来年への申し送りにしておきます。

 

今週はGⅠの隙間週ですが、安田記念につながるマイラーズCオークストライアルのフローラSが行われますので、要注目ですね。ここをきっちりとるためにもヴィクトリアマイル前哨戦の福島牝馬Sで良い流れを作っておきたいところ。

 

福島牝馬Sは毎年のように10番人気以下の馬が馬券に絡む荒れるレース。それらに共通しているのは逃げるか番手でレースを進めていることです。やはり直線が短いので、前につける方が有利なのでしょう。また、人気薄の馬は内枠が多いのも見逃せないところ。

 

それでは予想に参ります!

 

本命◎はフロンテアクイーンにします。

先行馬を狙いたいところだったんですが、結構前に行きたい馬が多いんですよね。クロコスミアやペイシャフェリス、前走逃げられなかったウエスタンレベッカなど逃げ馬がこれだけ揃っています。クロコスミアは近4走は全て逃げていますし、ペイシャフェリスも自分のペースでレースがしたいでしょうし、ウエスタンレベッカも前走逃げれずに惨敗なのでここは積極的に行きそう。その後ろにはウインファビラスやクインズミラーグロ、エテルナミノル、ギモーヴあたりが追いかける形になりそう。ここはそのもう1列後ろにつけるであろうこの馬に展開が向くと思います。

2走前に負かしたワンプレスアウェイは次走でOPで勝っていますし、ここでは能力上位でしょう。前走は馬群の外を追走して、直線で余力無しでしたので度外視可。今回は馬群の中での競馬になるでしょうし、直線で上手く抜け出せれば勝ち負けでしょう。

 

対抗〇はエテルナミノルにします。

先行馬で一番信頼できそうなのがこの馬。前走戦った相手は今回の相手よりずっと強いですし、そこで掲示板に載ったというのは評価できると思います。近走はマイルや1400を使われていましたが、この馬の強みである粘り強さが生かし切れていなかった感じですし、距離延長は好材料だと思います。

 

単穴▲はクロコスミアにします。

逃げれるかどうかも、阪神牝馬Sで4着はここでは威張れるものですし、すんなりいければあっさりもあるかもしれないです。

 

特注☆は人気ブログランキングにします。

近走はボロボロですが、昨年は同レースで2番人気に推された馬で、こういった馬がいきなり走るのがこのレースです。内枠の先行馬ということで好走条件にも当てはまりますし、昨年度15番人気のマコトブリジャールを勝利に導いた北村友一Jは先行馬に乗った時に穴をあけるので期待。

 

クインズミラーグロは重賞で3着続きですが、レベルも低く恵まれてもいたので、これくらいの評価。武豊Jはこういう馬に乗るのは得意そうですが・・・

 

ウインファビラスは条件は良いと思いますが、前走が負けすぎ。それでこの人気は・・・?

 

デンコウアンジュも秋山Jが不気味。平坦コース変わりも良いと思います。

 

最後にロッカフラベイビーまで拾っておきます。

 

まとめ

◎フロンテアクイーン

〇エテルナミノル

▲クロコスミア

人気ブログランキング

△クインズミラーグロ

ウインファビラス

デンコウアンジュ

△ロッカフラベイビー

 

さて、どうなるでしょうか。

 

皐月賞は堅い?

 

はいどーも。さぶろーです。

皐月賞の出走馬を眺めながら、あーでもないこーでもないと悩む日々を過ごしております。

 

今年は怪物牝馬?ファンディーナの参戦により、そのレースぶりに注目が集まっている感じですね。確かにここまでのレースは全て大楽勝で、その注目ぶりに違わぬレースをしてきていると思います。牡馬路線の低調さと相まって1番人気になる可能性も大きいと思います。

 

ただ、考えてください。あのソウルスターリングでも負けましたよね?ソウルスターリングのような強い馬でも不安材料があって、それによって負けることもあるのです。ファンディーナに関しても、強い馬であることには間違いないですが、不安材料がないわけではないと思います。短期間での2度の輸送や牡馬混合戦、道悪など、そういった不安材料とオッズのバランスをしっかり見極めて予想を行っていきたいところ。

 

対する牡馬はファンディーナの影に隠れて、あまり注目度は高くない様子。そこに妙味が生まれる可能性はありそうですかね。

 

ただ、その皐月賞ですが、昨年の8番人気ディーマジェスティの勝ちはあるものの、基本的には堅く収まる傾向が強いレース。過去5年では2桁人気馬は1頭も絡んでいませんし、過去10年に遡っても2頭のみ。あまり大荒れを期待するのは無謀か。

 

皐月賞は中山2000mで行われるわりに、ペースが流れて地力勝負になりがちなので、あまり紛れはないレース。過去5年を見ても、皐月賞までに掲示板を外すような馬は絡めていません。

 

また、関東馬が4連勝中であることを加味すると、注目はこの2頭⇒人気ブログランキングへ

 

レイデオロはローテが微妙ですし、こちらの2頭に注目。前走は両馬同じような位置でレースを進めワンツー。この2頭に関しては枠の差で着順が変わるくらい実力は拮抗してそうですし、枠順には要注意。ひいらぎ賞での比較で言うと、前者の方が距離延長してさらに持ち味を発揮できそう。後者は鞍上の手綱捌きに期待したいところですね。

皐月賞に向けて!

 

はいどーも。さぶろーです。

今回は来週に中山競馬場で行われます皐月賞(GⅠ 芝・2000m)の注目馬を挙げてみたいと思います。

 

桜花賞!荒れましたね!

前回の記事でソウルスターリングの不安点を挙げていましたが、レースではいつもの位置よりも少し後ろでレースを進め、直線でも弾けきれず3着と、不安点として挙げたことが原因かどうかはわかりませんが、いつものような完璧なレースぶりではなかったですね。次はNHKマイルでしょうか?

ソウルスターリングは対照的に完璧だったのはレーヌミノル。好位につけて抜け出しましたね。池添Jは好きなJの1人なので嬉しいです!これもNHKマイル?

リスグラシューも叩き2走目で力を発揮できました。道悪も味方したでしょうか。

本命のアドマイヤミヤビですが、排便中だったという情報が入ってきました。

 

...マジか。笑

 

道中もずっと手応え怪しかったですし、直線でもさっぱり。距離が短かったこともあるでしょうね。まともならオークスでもう一度狙いたいですね。次は スッキリした状態でゲートに入ってほしいですね(^_^;)

 

結果として△→△→▲で決着。印を回す馬の精度が上がっては来ているので、軸の選定をもう少し頑張らないと...。

 

馬券の買い方ももう少し工夫したいところですね。これもずっと課題としているところです。

 

それも含めて、来週の皐月賞大阪杯のように完璧に当てたいですね!

 

ファンディーナの参戦によって盛り上がる皐月賞ですが、過去5年の傾向的に当然注目しなければならないのはこちら ⇒ 人気ブログランキングへ

 

過去5年では(4.0.0.0)ですし、今年も狙うしかないでしょうね。

桜花賞の予想!

 

はいどーも。さぶろーです。

今回は阪神競馬場で行われれる桜花賞(GⅠ 芝・1600m)の予想を行っていきます。

 

 

木曜あたりから胃腸炎にかかってまして死んでおりました。笑

あまり病気にかからない丈夫な体なので、たまに病気になるとかなり大袈裟に考えてしまいますね(^_^;)

 

「あー、このまま熱が下がらずに死んだらどうしよう」

 

とか

 

「次の日起きれるかなあ」

 

などなど(^_^;)笑

 

なんとか復活しましたので、景気づけに桜花賞は当てたいですね!

 

ポイントは↓こちら

①雨が残る馬場

関東馬より関西馬

チューリップ賞組で人気を集めた馬、または先行して負けた馬

④父がSS系

⑤5~7枠がgood(とりあえずスムーズな競馬ができるかどうか)

 

こう考えると、断然人気のソウルスターリングは②④に当てはまらないんです。①に関しては実際に走っていないのでわからないですが、下のような記事が出ていました。

 

ソウルスターリング鞍上ルメール「重い馬場も問題ない」/桜花賞共同会見 - netkeiba.com

 

よし!じゃあ大丈夫!

 

・・・と思ったのですが、ちょっと違和感が。

 

血統はあまりわからないですが、スーパー牝馬は10年周期 - netkeiba.comという記事を見ると母父Monsunは道悪OKですし、そもそも重厚な欧州血統なので力がいる馬場も合うだろうということです。

 

それはそれでいいんですが、気になったのは1つ目の記事で、ルメールJは道悪OKを示しつつ、「トビが大きい」とも言っています。 トビが大きい馬は基本的に道悪は不得手なはずですし、馬場の状態にもよりますがあまり悪いと影響は少なくないはず。もちろん能力は最上位でしょうし、普通に走れば5連勝も現実的な話でしょうが、ここ2年でも同じ関東馬ルージュバックメジャーエンブレムが破れているこの桜花賞で、今年もこの馬を頭固定した馬券を勝ってよいのでしょうか。さすがに馬券外を外すことはあまり考えられませんが...。

 

ということで予想に参ります。

 

本命◎はアドマイヤミヤビにします。

単純に上位2頭は能力が抜けているでしょうし、ソウルスターリングに人気が集中するならばこちらを本命にします。クイーンC組は不調で、ここ5年でクイーンC組で馬券になったのはヴィルシーナのみです。ただ、ヴィルシーナ関西馬ですし、その他馬券になったのは関東馬ばかりですのでここは問題ないと見ます。枠もソウルスターリングをしっかりマークできる位置ですし、ソウルスターリングがもたつく間に差しきってほしいですね。

 

対抗○は人気ブログランキングへにします。

雨が残る馬場ならば、そこで走った経験のあるこの馬が浮上するでしょう。桜花賞では過去5年間でディープインパクト産駒が馬券外になったことがありません。となれば、唯一のディープインパクト産駒のこの馬を狙ってみたいですね。人気上位2頭の力が抜けている以上、その後ろから差して勝つのは容易なことではないでしょうし、あるならば前で粘れる馬でしょう。前走1800mで勝っていますし、スタミナ勝負に持ち込んでも問題はないでしょう。

 

単穴▲はソウルスターリングにします。

ソウルスターリングは嫌ってもここまで。力が抜けているので仕方ありません。ただ、阪神JFチューリップ賞桜花賞とこう何度も輸送されると影響がないわけはないと思います。メジャーエンブレムでさえ馬券にならなかったですから、ここも絶対的とはいえないと思います。

 

☆特注はミスパンテールにします。

前走は「長期休み明け」「デビュー2戦目」「初重賞」とたくさんのハードルがありながらしっかり2着を確保して権利獲り成功。そのチューリップ賞ではリスグラシューを徹底マークして交わす内容でしたし、今回はソウルスターリングをマークして走ればここも好走可能。デビュー戦の札幌の洋芝であの内容で走れるなら、力がかかる馬場もこなせるでしょう。

 

リスグラシューは距離延びて良さそうですし、道悪もいいと思いますが、一か八かの後方待機とかしそうなので拾う程度で。

 

ワキタエンカを上位に評価するならば、前に行けるし重賞でも好走しているのに全然人気がない△レーヌミノルも押さえておきます。

 

まとめ

◎アドマイヤミヤビ

人気ブログランキングへ

ソウルスターリング

☆ミスパンテール

リスグラシュー

レーヌミノル

 

さてどうなるでしょう。

ニュージーランドTの注目馬は?

 

はいどーも。さぶろーです。

今回は中山競馬場で行われるニュージーランドT(GⅡ 芝・1600m)の注目馬を挙げていきます。

 

アーリントンCと同様、クラシックから脱落してマイル路線に路線変更した馬が参戦してくるレースですので、ここに参戦してくる馬の大目標はNHKマイルになるわけですが、過去5年でNHKマイルで馬券に絡んだのはカレンブラックヒルレインボーラインのみと、本番にはあまり繋がらないレースのようです。

 

タイプ的にはスパッとキレるタイプではなくじわじわと伸びてくる馬が好走しているようです。短距離路線から参戦してくる馬がいることで前傾ラップになることが多く、瞬発力よりも持続力が問われる展開になります。一昨年、昨年と追い込み馬がほぼ最後方から突っ込んできていることから、位置取りよりもそのような展開にマッチするかどうかが重要になるか。

 

今回のメンバーを見ると、タイセイスターリーやディバインコード、ボンセンヴィーソあたりが人気になりそうですが、現時点で注目しているのはこちら⇒人気ブログランキングへ

 

ひいらぎ賞がハイレベルな一戦だったことを考えると、前走で大敗したナイトバナレットが人気を落とすのであれば、もう一度狙ってみたいのですが、そのナイトバナレットが勝ったジュニアCでナイトバナレットよりも1kg背負ってクビ+ハナ差に迫ったこの馬に注目したい。この馬自身も次走OPで勝っていますし、ジュニアC2着のディバインコードもアーリントンで3着に入っていますし、ジュニアCのレベルもそれなりに高かったと言えると思います。斤量が同じになるここは面白いと思います。

阪神牝馬Sの注目馬は?

 

はいどーも。さぶろーです。

今回は土曜日にに阪神競馬場で行われる阪神牝馬S(GⅡ 芝・1600m)の注目馬を挙げてみたいと思います。

 

注目はやっと引退させてもらえる(?)メイショウマンボですね。だいぶめちゃくちゃな使い方をされていたので、よかったと思います。無事に走りきってほしいですね。

 

阪神牝馬Sですが、昨年から1400mから1600mに距離が変更されていますので、このレースのデータとしては昨年のものしかありませんが、次の日に桜花賞が行われますのでその傾向も見ながら予想していくのがいいのかなと思います。

 

阪神マイルと言えば、先日桜花賞の注目馬を挙げる際に書いたと思いますが、とりあえずディープインパクト産駒の庭であるということが言えます。現に昨年も人気にはなっていましたがスマートレイヤーとミッキークイーンディープインパクト産駒のワンツーでした。

 

また、桜花賞では内枠の成績が悪いという傾向があります。昨年の阪神牝馬Sも内で最先着だったのはココロノアイの5着で、それも4着とは2馬身離されていたので、当日の馬場傾向もありますが基本的には内<外でいいと思います。

 

あと注意しなければならないのは、桜花賞がGⅠで有力馬はしっかり仕上げてきているのに対して、こちらはヴィクトリアマイルの前哨戦として有力馬が参戦していることがあります。昨年で言うと、3番人気ストレイトガールが9着に敗れています。休み明け馬は鉄砲実績を確認しておきたいところ。

 

ということで、最有力は昨年も2着に入ったミッキークイーンですが現時点で注目しているのはこちら⇒人気ブログランキングへ

 

今年のディープインパクト産駒は4頭で、上で挙げたミッキークイーンタッチングスピーチデニムアンドルビーとこの馬。デニムアンドルビータッチングスピーチはマイルでは忙しいでしょうし、この馬に注目してみました。前走は内の3番手くらいでレースを進め、直線で内をついて完勝。スローペースながら後方にいた2着馬と同じ上がりを使っていた点も評価できますし、なにより先行できて差せるのがなによりの強み。今回のメンバーで前走逃げたのは同組のウエスタンレベッカとクロコスミアくらい。クロコスミアは前走逃げて大敗しているので、そこまで速いペースにはならなさそうですし、この馬に向く展開になりそうです。