読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先週の振り返りとか

2017-競馬予想

 

はいどーも。さぶろーです。

今回は先週の振り返りと今週の注目馬を挙げていきます!

 

 

はい!振り返りたくないです!笑

 

 

少し前の勢いはどこへやら。最近はさっぱりです。そんな時に限って、フラワーCのときみたいに、〇→▲→☆の縦目で決まってしまってがっくり。。。とか多いんですよ。これが結構メンタルにくるわけですよ。。。

 

でもやっぱり、これは必然だと思うんです。

どう考えても、予想にかける時間が少なくなっています。過去のレースをしっかり見きれていない(見ていたつもりになっていた)ということなんだと思います。やはり、馬券を当てるには細かいところまでしっかり見て予想していかないといけないのだと改めて思います。そうです。調子に乗っていたのです。はい。。。

 

今週から4月開催です!

切り替えるならここしかない!

春のGⅠも始まりましたし、今週は獲りにいきます!!

 

ということで今週行われる2重賞の注目馬を挙げておきます。

 

ダービー卿CT  実績最上位マイネルアウラート  

大阪杯  前走で人気落ちならアンビシャス

 

ていうか

人気ブログランキング☜この馬次第でガラッとレース質が変わりますよね。

高松宮記念の予想!

2017-競馬予想

 

はいどーも。さぶろーです。

今回は中京競馬場で行われる高松宮記念(GⅠ 芝・1200m)の予想を行っていきます!

 

ブログを初めて初の中央GⅠということで気合いが入りますが、えらいまた難しいメンバー構成で悩みに悩みまくっております。ただし、ビッグアーサーダンスディレクターの回避によって主役不在と言われてはいますが、こういったときはわりと堅く決まることもあるので、力関係をしっかり見極めて予想を行いたいところです。また、今日は雨も降っているようで、それも大きなポイントとなりそうです。

 

では予想に参りましょう。

 

本命◎はソルヴェイグにします。

前走は休み明けかつ逃げる形になってしまって粘りきれなかった分での負けで、悲観する必要はないと思います。2走前にはここよりハイレベルだったスプリンターズSで3着になっているように、実力は上位ですしこの人気であればこれを本命にします。

 

対抗○はレッドファルクスにします。

主役不在と言われていますがここでは1枚能力が上だと思いますので、素直に評価したいです。

 

単穴▲はシュウジにします。

前走の阪急杯では断然の一番人気に推されながら大惨敗。確かに太め残りでレース前もイレ込んでいたようですが、それでもせめて馬券に絡んでほしかったくらいのメンバー構成だったのは事実です。しかしここは距離短縮でさらに雨によって力のいる馬場になっていそうですので、よりこの馬に向いた条件になるはず。

 

特注☆は人気ブログランキングへにします。

前走は低レベルGⅢということで、全く人気がないですが、その前のシルクロードSでは絶望的な位置からぐんぐん伸びてきての4着ですし、平坦な京都での一戦であったことを考えても、急坂コース替わり+道悪はダートもこなしていたこの馬にとってはプラスでしょうし、阪急杯組がこのレースで好成績を収めている点を見ても、外から飛んでくる可能性は十分あると思います。

 

ティーハーフは中京コース巧者で、昨年の高松宮記念でも6着と力を見せています。スプリンターズSでも勝ち馬から0.2差ですし、クラスが上がってタフなレース展開の方がレースをしやすいのだと思いますので、大穴ですが拾っておきます。

 

ワンスインナムーンは大外枠ですが、1400からの距離短縮はプラスでしょうし、レッツゴードンキよりも1200は向くと思いますので、この距離での逆転はあると思います。

 

メラグラーナは京阪杯をみていると馬場に苦労しそうで、戦ってきた相手も大したことないのが...

 

レッツゴードンキも1200では3着が精一杯。それでこの人気なら...

 

まとめ

ソルヴェイグ

レッドファルクス

シュウジ

人気ブログランキングへ

ティーハーフ

△ワンスインナムーン

 

さてどうなるでしょう。

全く自信はありません!笑

日経賞の予想!

2017-競馬予想

 

はいどーも。さぶろーです。

今回は日経賞(GⅡ  芝・2500m)の予想を行っていきます!

 

時間がない!笑

ということでサクッといきます。

 

本命◎はレインボーラインにします。

札幌記念ではモーリスと差のない競馬。菊花賞ではサトノダイヤモンドの2着。ジャパンCでも展開向かない中、後方から6着と古馬に混じっても遜色ないですし、世代上位の実力馬に成長していると思います。単純に力が上位だと思うので本命にします。

 

対抗○はゴールドアクターにします。

これもこのメンバーでは最上位でしょうが、このオッズほどの信頼は置けないか。休み明けだったオールカマーではサトノノブレスとクビ差ですし、勝ちきれるかと言われれば...

 

単穴▲アドマイヤデウスにします。

GⅡでは(2.1.2.0)、GⅠでは(0.0.0.9)と典型的なGⅡ大将ですし、狙うならここでしょう。一昨年の日経賞はかなり強い勝ち方でしたし、適性は十分。衰えは一昨年ほどは走れないかもしれませんが、鞍上も復調気味ですし、ここは上位評価。

 

特注☆は人気ブログランキングへにします。

連勝で迎えた前走は一気の相手強化と距離短縮で厳しいレースになりましたが、その中で見せた力は想像以上でしたし、力はつけているようです。メンバーは相変わらず強いですが、距離はこれくらいが合うと思いますし、人気落ちの今回は狙ってみます。

 

ジュンヴァルカンは前走が強い内容で着実に力をつけているようです。先行してレースを運べるのも魅力ですし、強い4歳世代ということでここで一発あってもおかしくないと思います。

 

シャケトラは前走より2kg背負いますが、外枠を引けたので中団外をのびのび走れそうですし、力は発揮できると思います。鞍上も不気味ですし人気ですが拾っておきます。

 

まとめ

レインボーライン

ゴールドアクター

アドマイヤデウス

人気ブログランキングへ

△ジュンヴァルカン

△シャケトラ

 

さてどうなるでしょう。

毎日杯の予想!

2017-競馬予想

 

はいどーも。さぶろーです。

今回は阪神競馬場で行われる毎日杯(GⅢ 芝・1800m)の予想を行っていきます!

 

今週は忙しくて、一度も更新できませんでした。。。

毎日なにかしらをメモしていきたいところなんですが、それも難しいのかなあと感じています。でも、少しでもなにかを残して週末の予想に生かしていきたいと考えているので、切り替えて頑張っていきます。

と、いうことで毎日杯ですが、8頭立てとかなり寂しいレースになっています。。

レース内容としてはスマートオーディンが勝った昨年のレースみたいにかなりのスローからの上がり勝負になるかなと思います。それをベースに予想をしていきます。

 

本命◎はプラチナムバレットにします。

前走はキャリアで初めて馬群の中でレースを運び、直線でも最内をつく競馬で、窮屈になりながらも勝ち馬とハナ差は評価できる内容。新馬戦のように好位の外につけて直線半ばで抜け出すのが勝ちパターンだと思いますので、今回は少頭数で外枠ということで理想のレース展開になりそうです。前走でも上がり3ハロン33.3を使っていますので、直線での追い比べにも対応できそうですし、断然人気のサトノアーサーよりも前で競馬できて、速い上がりを使えるという点でここは勝ち負けだと思います。

 

対抗○はサトノアーサーにします。

レース展開はこの馬にばっちりハマると思いますので、対抗にします。シクラメン賞のような競馬になると思いますが、メンバーレベルはその時よりも上がっていますので、その中ですべてを差しきれるかと言われれば、オッズほど信頼はおけないかなと思います。

 

単穴▲は人気ブログランキングへにします。

逃げる馬がいないので、この馬がレースを引っ張るのであれば、その逃げ方次第ではこの馬に向く展開になりそう。というのは、今までのレースを見ても、どう考えてもスローからのキレ勝負では負けそうなので、後続に脚を使わせるように後ろを離して逃げられれば、粘り込める可能性はあるかも。ただし、この馬を逃げさせるかどうかは判断しかねる(東スポ2歳Sでは逃げずになんとか抑えながらのレースをした)ので、展開ハマればということでこの評価。

 

クリアザトラックは本命馬に勝っているので評価は必要。この馬も先行して速い上がりを使えるので有力だが、乗り替わりが不安なのでこの評価。

 

アルアインもここでは上位ですし、前走は直線入り口で不利があったので人気していますが、良馬場で速い上がりを使えるかと言えば微妙ですし、前走も不利がなかったとしても...と思いますので拾っておく程度。

 

キセキはここにきての一気の人気落ちで、この人気なら拾っておいても良さそう。

 

まとめ

◎プラチナムバレット

○サトノアーサー

人気ブログランキングへ

△クリアザトラック

アルアイン

△キセキ

 

さてどうでしょうか。

 

 

フラワーCの予想!

2017-競馬予想

 

はいどーも。さぶろーです。

今回は中山競馬場で行われるフラワーC(GⅢ 芝・1800m)の予想を行っていきます。

 

当然注目は前走で圧巻の走りを見せたファンディーナでしょう。2連勝でここ舞台に望むわけですが、2走とも他馬を圧倒する走りで人気になるのも頷けます。ディープ産駒であるにも関わらず500kgを越える馬体と先行してさらに脚を使える脚質からは大物感があり、このメンバーならば突き抜ける場面も容易に想像できそう。

 

しかし、初輸送で初の急坂コース、さらに過去5年でディープ産駒は勝ちがないという事実をみると、単勝1.5倍程度の信頼感がある言えば...?

 

そういう意味でも注目の一戦。ファンディーナが圧倒的なパフォーマンスを見せるのか、それとも伏兵が突っ込んでくるのか。ここが予想の肝になると思います。

 

ということで、予想に参ります。

 

本命◎は平日からずっと注目していたサンティールにします。

平日にも書きましたが、前々走の内容がよかった。前走にしても出遅れた上に他馬に寄られてほとんど最後方からの競馬になり、これまでとは異なる位置からのレースになったものの、直線ではじわじわと伸びて勝ち馬から0.4差なら評価できる内容。勝ったコマノインパルスは弥生賞でも上位に評価される位でしたし、このメンバーならば勝ち負けになっても不思議ではないと思います。

 

対抗○はファンディーナにします。

力なら断然抜けていているこの馬は嫌ってもここまで。今回は単勝1倍台の信頼は個人的に置けないだけで、勝つ確率は1番高いと思います。

 

単穴▲はシーズララバイにしました。

柴田善Jのお手馬が3頭もいた中で選んだのがこの馬。これまで2000m前後を使われてきているので、スタミナはあるはず。前走や前々走では牡馬でも上位の相手に一定の力は示せているので、持久力勝負になればこの馬が突っ込んでくると思います。ある程度の位置はとって欲しいのですが、鞍上が...という感じですね。

 

特注☆は人気ブログランキングへにします。

逃げてくれたら鞍上込みで面白いと思います。前走にしても上位2頭は馬場の真ん中を伸びてきていますが、この馬はそれよりも荒れた内側でしぶとく粘る内容。その上位2頭はトライアルでそれなりに走っていますし、この馬もスムーズに運べれば圏内だと思います。

 

ハナレイムーンは思ったよりも人気がないものの、ファンディーナの評価を対抗に留めた以上、これくらいの評価しかできませんでした。

 

モリトシラユリも中山重賞でアエロリットとクビ差なら拾っておいて損はないと思います。

 

ディーパワンサは掲示板までの印象。距離も少し長そうです。

デアレガーロも特に強い馬ではないと思いますし、連勝人気でここは買えないです。

 

まとめ

◎サンティール

○ファンディーナ

▲シーズララバイ

人気ブログランキングへ

△ハナレイムーン

△モリトシラユリ

 

さて、どうなるでしょう。

スプリングSの予想!

2017-競馬予想

 

はいどーも。さぶろーです。

 

今回は中山競馬場で行われるスプリングS(GⅡ 芝・1800m)の予想を行っていきます。

 

最近は弥生賞よりも皐月賞に向けてのステップレースとして重要視されているレースということで2歳王者サトノアレスを筆頭にメンバーは揃った感じ。中にはここで権利をとらないと本番に出走できない馬もいるのでその点も考えながら予想を行いたいですね。

 

過去5年の傾向を見ると、極端な脚質の馬よりも安定して先行できる馬が台頭していることがわかります。また、同期間において二桁馬番で連対したのはグランデッツァのみということなので、中山コースらしく立ち回り力が求められることがわかります。ただし、先行して連対している馬はキタサンブラックロゴタイプディープブリランテなど後のGⅠ馬が並ぶので、単に立ち回りだけを重視するのではなく、一定の力を示している馬を選びたいところ。

 

ということで予想にいきます。

 

本命◎はエトルディーニュにします。

この馬、何か悪いことしました?笑 っていうくらい人気がない、というか、人気が無さすぎる馬。共同通信杯で差のない競馬をしていたムーヴザワールドの惨敗やその後のレースぶりが酷いのと東京ばかりで結果を残していることや鞍上が...など、確かに人気を落とす要因はありますが、その東京などの広く直線の長いコースで力を発揮するサトノアレスとベゴニア賞であの差であれば、中山替わりで逆転まで考えられそう。また、この馬は、外枠だったひいらぎ賞以外、常に3番手以内で競馬ができるということで、後ろからいく馬が多い今回は展開利も得られそうです。本番では...という馬ですので、ここは本気で取りに来るはずですので、そういった点も込みで本命に推します。

 

対抗○はアウトライアーズにします。

百日草特別やひいらぎ賞のメンバーレベルはすでに周知の通りで、そこで好走しているこの馬がメンバーレベルとコース適性を踏まえてこの中では1番強いと思います。ただし、気性的な難しさを抱えているようなので、対抗までとしておきます。

 

単穴▲はウインブライトにしました。

これもひいらぎ賞で3着に入った馬で、1600mではアウトライアーズに適性があっただけで、1ハロン延びる今回はこの馬にも逆転のチャンスはありそう。というのも前走の若竹賞では、3角から捲っていって直線では他馬を相手にせず着差以上の完勝。同コースで行われたこのレースであの内容を見せられると、この舞台での逆転は十分にありそう。

 

特注☆は人気ブログランキングへにします。

内枠、逃げ先行、ステゴ産駒ということで、狙ってみたいのがこの馬。前走は逃げて直線に入ってから詰め寄られそうになりながらそこから突き放す競馬で、距離延長、メンバーの脚質を考えてもさらにゆったり逃げられそうな今回は一発あるかもしれません。というか、この馬よりも人気がないエトルディーニュって...

 

△サトノアレスは距離の心配よりもこのコースで末脚を伸ばせるかが心配という点でこの評価。

 

△プラチナヴォイスは先行できることと力を発揮できれば上位争いできるというてんで上位に評価したいのですが、気難しい馬ですのでこの評価にしておきます。

 

さて、どうなるでしょう。

 

阪神大賞典の予想はTwitterに載せるつもりにしてますので、そちらもよかったらどうぞ。

ファルコンSの予想!

2017-競馬予想

 

はいどーも。さぶろーです。

今回は中京競馬場で行われるファルコンS(GⅢ 芝・1400m)の予想を行っていきます。

 

今日は時間があまりないので、サクッといきます。

とりあえずポイントは以下の通りかなと思います。

 

①持続的に脚を使える持久力が必要。

→距離延長組よりも距離短縮組、同距離組(特に東京1400m)の方が○

②中団前目で脚を溜めてレースを運ぶのがいい。

→極端な脚質はあまり信頼できない

③上がりがかかる展開になる。

→スパッとキレるタイプよりもじわじわと伸びてくるタイプの方が○

 

ということで予想してみました。

 

本命◎はマイネルバールマンにしました。

1200mを中心に使われていましたが、好走しているのは時計がかかる馬場の時だけで、そもそも1200mには向いていない印象。前走のクロッカスSでは直線半ばで先頭に立とうとするも完全にキレ負けしての4着。57kgを背負った上に、直線の上がり勝負はこの馬にとっては全く向かない状況の中で差のない4着は評価できる内容。勝ち馬のタイムトリップは今回人気になるナイトバナレットと差のない競馬をしているので、レース展開が好転する今回は狙い目だと思います。

 

対抗○はコウソクストレートにします。

前走は重馬場、大外枠、右回り、距離延長と本場にとって何重苦ともなったレースで度外視できる。前々走の京王杯2歳Sはその後に活躍馬を輩出しているハイレベル戦で、そこで4着ならば、ここでは威張れるはず。こちらも条件好転で狙えると思います。

 

単穴▲はナイトバナレットにしました。

ひいらぎ賞のレベルが高かったのはレースメンバーをみれば一目瞭然で、馬の強さで言えばこの馬がこのメンバーでは一番なはず。脚質が極端なのが気になりますが、前にいく馬が多いのでこれくらいの評価は必要。

 

特注☆は人気ブログランキングへにします。

イメージとしては一昨年のタガノアザガル。未勝利戦ながら中京1400mでは2戦2連対と大得意。阪神1400mでも好走しているように、1400mと急坂の適性は抜群。ボンセルヴィーソやヴゼットジョリーとも対等に戦えていることや、前走の内容(ハイペースを追走して押しきって1着)を見ると、勝ち上がりに8戦を要しているとはいえ、侮れない存在だと思います。本命にしようとも思いましたが、乗り替わりということとジョッキーが先行してくれるかわからないということを考慮してこれくらいの評価にしておきます。

 

ライズスクリューは内枠なら本命でもと考えていたがまさかの8枠。力的には足りると思うので拾っておきます。

 

メイソンジュニアはマイネルバールマンに勝っている馬で、荒れた馬場を外からぐいぐいと伸びてくる競馬で完勝。ダート→芝、距離短縮で一変あるかも。

 

まとめ

マイネルバールマン

○コウソクストレート

▲ナイトバナレット

人気ブログランキングへ

△ライズスクリュー

△メイソンジュニア

 

さてどうなるでしょう。