読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阪急杯(GⅢ)の予想!

2017-競馬予想

 

はいどーも。さぶろーです。

 

今回は阪神競馬場で行われる阪急杯(GⅢ 芝・1400m)を予想していきます。

昨年の阪急杯はGⅠ馬ミッキーアイルが逃げの手に戦法を戻して勝ち、次走の高松宮記念でも2着でしたし、2年前はコパノリチャードがここと高松宮記念を連勝しました。よって、本レースは高松宮記念の前哨戦となるレースと言えそうです。

 

が、今年のメンバーを見てみると・・・な感じですよね笑

高松宮記念でも馬券になりそうなのはこの中ではシュウジくらいですし、今年は前哨戦というよりはここを取りに来ているメンバー構成なので、その辺を考えて予想を組み立てたいところ。

 

また、芝1400mはGⅠがない舞台であり、スプリンターとマイラーが参戦することが多いと思いますが、マイルのように一息つくところもなければ、スプリントのようにスピードだけでは押し切れないという特殊な舞台なので、持続的なスピードが求められます。よってサンカルロのような1400mなら任せろ!というような馬もいますので、そういった適性も重要になるかなと思います。

 

昨日のアーリントンCは1600mで外枠が有利という傾向がありましたが、1400mになると内回りということもあるのか、内枠が有利な傾向があります。この辺も頭には入れておきたいですかね。

 

では予想に参ります。

 

本命◎シュウジでしかたないかなと思います。

前走阪神CはGⅠでも勝負になるメンバーを中団から差し切った強い内容でした。今回のメンバーで高松宮記念でも勝負になりそうなのはこの馬くらいで、叩き台に使っているのは明らかですが、能力は完全に上位で、能力でこの馬に先着できそうなのはロサギガンティアくらいだと思います。ただし、阪神Cは暮れの阪神で行われていたこともあり、パワーが必要な舞台であったのに対して、阪急杯は開幕週のきれいな馬場で行わるので求められる適性が異なりそうなところは注意したい。それは阪神Cで2年連続1番人気を裏切っているミッキーアイル阪急杯では2年連続連対していることからもいえると思います。したがって、勝ちきれないことも頭には入れておきたいですが、3着は外さないと思います。

 

対抗〇はムーンクレストにしました。

平日にも書きましたが、スワンSの内容がよかったと思います。4角では3枠6番ながら大外をぶん回してロスが大きいながらサトノアラジンに食らいつく勢いで5着。2、4着馬は本馬の内にいた馬たちですのでこの馬たちとの力差はないでしょうし、勝ち馬サトノアラジンはGⅠでも勝負になる馬ですし、4着馬のダンスディレクター阪神カップで4着でしたので、この馬たちと0.1~0.3差だったらこのメンバーでも威張れるでしょう。2走前のタンザナイトSは1番人気ながら、直線不利を受けて5着、前走は内枠天国の京都金杯で8枠を引いてしまい、距離も長いうえにレース前から終了していたのでどちらも度外視できそうです。阪神1400はベストの舞台でしょうし、この人気は舐められすぎでしょう。鞍上は不安ではありますが本馬の巻き返しに期待します。

 

単穴▲はロサギガンティアにします。

この馬はデムーロJのお手馬ながら、初騎乗のネオリアリズムを選んだことから嫌ってなんぼと思っていたのですが、明らかに能力上位のこの馬を嫌ってもこれくらいの評価は必要かと思います。右回りよりかは左回りの方が結果を残していますし、関西圏で馬券になったのは1度だけですが、重賞常連の本馬はこの中では抜けているでしょうし、この評価になりました。できれば飛んでほしいですが。。。

 

特注☆は人気ブログランキングへにします。

OP特別のようなメンバー構成なので、この馬でも足りると思います。アドマイヤムーン産駒は急坂、小回り得意ですし、ここは実はベストな舞台でしょうか。それよりも本馬にとって重要なことは、頭数です。どうも多頭数が苦手なようで、

 

13頭以上(2.1.1.9)うち、古馬となってからは(1.0.1.9)馬券内は共に1番人気

12頭以下(3.1.2.4)うち、掲示板を外したのは1回のみ

 

このように、今回は願ってもない好条件が揃いすぎた舞台。鞍上も浜中Jで問題なし。8枠も少頭数で問題なし(むしろスムーズに運べるからOK)。アッということがあっても驚けないです。

 

ミッキーラブソングはここがベストの舞台で、状態もよさそうなので人気も加味してこの評価。

 

ブラヴィッシモは昨年の3着馬で近走の内容を見れば人気し過ぎか。枠はいいので拾っておきます。

 

まとめ

シュウジ

〇ムーンクレスト

ロサギガンティア

人気ブログランキングへ

△ミッキーラブソング

△ブラヴィッシモ

 

さて、どうなるでしょうか。