読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中山記念の予想!

2017-競馬予想

 

はいどーも。さぶろーです。

 

今日は阪急杯の他にも中山記念(GⅡ 芝・1800m)が行われます。

ドバイワールドカップやGⅠに昇格した大阪杯の前哨戦として有力馬が揃った一戦で、叩き台でありながらも好勝負が期待できそう。

 

昨年は有力4歳馬が馬券となり、ドゥラメンテは引退しましたが、2、3着馬のアンビシャスやリアルスティールが参戦しており、この2頭が中心になると思います。頭数も多くないので枠順はあまり考えずに、能力をしっかり見極めて予想を組み立てていきたいと思います。

 

ではさっそく予想していきましょう。

 

本命◎はアンビシャスにしました。

リアルスティールよりも一瞬の脚に秀でているこの馬を上に取りました。前走の天皇賞(秋)では伸びない内を果敢について4着でしたが、使える脚が長くない本馬には厳しい条件の中での4着ということでこれは能力の証明ということでよさそう。小回りコースへ変わることは条件良化でしょう。また、鞍上も抜群に手があっているルメールJなので死角は少ないでしょう。次走は乗り替わり濃厚でしょうし、ここは勝ち狙っていると思います。

 

対抗〇はリアルスティールにします。

この2頭が抜けて強いと思いますので、斤量と適性面でこちらを対抗にしました。前走ジャパンカップは状態面でも条件面でも厳しいレースだったように思います。その中で積極的にレースを運んでの5着は評価できる内容だと思います。ただ、詰めが甘いところがあるのか、シルバーコレクター感があるので、ここも最後に何かに差される様子が想像できます。

 

単穴▲はヌーヴォレコルトにします。

近走は衰えが見え隠れするものの、前走香港ヴァーズの1着サトノクラウン、5着スマートレイアー京都記念でワンツーフィニッシュしていることから、本馬もそれなりに走れそう。さらにこの馬は非根幹距離が大得意で1800mや2200mは(2.3.0.1)ですし、特に1800mでは2勝しているので、復調気味の岩田Jに導かれて馬券内に来てほしいところ。

 

特注☆は人気ブログランキングへにしました。

中山適性でツクバアズマオーが人気するのであれば、こちらを信頼してみたい。中山芝は(3.0.1.0)と崩れていないし、横山Jとも手があってそう。さらに、11~2月だけの成績を見ると(2.1.1.1)で、力は出せる季節なんでしょうか。前走白富士Sでは初のOPで東京2000mの大外枠という決して良い条件でない中での2着で力はつけてきている印象で、ここは一気の相手強化となり厳しいですが、実績上位馬にも不安がないわけではないので、中山に変わっても人気にならないこの馬の激走に期待したい。

 

ネオリアリズムデムーロJがロサギガンティアから降りてまで、こちらに遠征してくるのは本馬の能力が高いことの証明でしょうし、実際にモーリスにも先着しているので、能力は上位なんでしょうが、乗り難しい馬であることは知られていることだと思いますし、手が合って楽勝ということも考えられるのと同じくらい暴走して自滅というのも考えられますので、このくらいの評価にしておきます。

 

ロゴタイプは中山巧者でこの条件は最適条件ではあるものの、休み明けは走らなくなっている感じがするので、この条件の力は認めつつもこのくらいの評価にしておきます。

 

メンバーレベル微妙な秋華賞ヴィブロスはこのメンバーで急坂コースと内田Jと合わなさそうなかんじがしますし、ツクバアズマオーはこの人気に応えられるだけの強さかというと・・・と思いましたので切ってみました!

 

まとめ

◎アンビシャス

リアルスティール

ヌーヴォレコルト

人気ブログランキングへ

ネオリアリズム

ロゴタイプ

 

さて、どうなるでしょうか。