読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーシャンSの注目馬とか。

2017-競馬予想

 

はいどーも。さぶろーです。

今日はオーシャンSの注目馬を見ていきましょう。

クラシック前哨戦が2レースある中で、あえてオーシャンSを選ぶひねくれ者です。すみません。。(^_^;)

 

川崎競馬場で行われたエンプレス杯は印5頭で掲示板を占めたものの、軽視したワンミリオンスが勝っちゃうという残念な結果。。

今となっては、◎○から三連複3点でよかったやーんてなりましたが、これはたらればなので、今週末に取り返します!!

 

オーシャンSは中山1200mという舞台で行われますが、この舞台は中山外回りコースの途中から始まるコースで、スタートから4角まで緩やかな下り坂が続くので、テンが速くなりがちです。よって、上級条件ほどタフな競馬になり、オーシャンSでもここ5年を見ても逃げて馬券に絡んだのはGⅠでも馬券に絡めるハクサンムーンのみで、そのハクサンムーンでも(0.2.0.2)ですし、先行して馬券に絡んだのも重賞馬のみですので、よほどの力がないと粘りきるのは難しそう。よって、タフな条件でも差してこれる馬を選びたいところ。

 

今回のメンバーを見渡したところ、メンバーレベルは相当低そうですし、どこからでも馬券に絡めるし、何回もレースを行えば勝ち馬がコロコロ変わりそう。実績上位のスノードラゴンは中山コースも得意ですしスプリンターズSでも5着なので、人気も手頃ならここからでも。。。とは思うものの、1200mで9歳馬を軸にするのもなんだかなあと思いますので、今回あげるのはこちらの馬↓

 


人気ブログランキングへ

 

いや!こっちも高齢馬やん!とツッコミを入れられそうですが、前走の走りを見る限りこのメンバーなら負けてられないでしょう。この馬はテンで自分のペースで追走すれば短いながら良い脚を使える馬で、前が激流になる中山1200は合っているでしょう。2年前のオーシャンSでも勝ち馬と同じ位置から良い手応えで直線を向いたもののどん詰まりで負けただけで、適性はありそうでした。

2走前のスワンSではムーアJが積極的に乗ったぶん、直線で後退してしまった感じで、一昨年のスワンSではゆったり追走で4角で内をついてあわやの場面を作ったところを見るとコース適性というよりもマイペースで追走できるかどうかが重要でしょう。

前走にしても、戸崎Jはうまく乗ったと思いますが斤量がキツかったのか伸びきれませんでした。ただ、今回はその斤量差も解消されるので、今回人気になる上位馬に逆転も可能でしょう。