読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弥生賞の予想!

2017-競馬予想

 

はいどーも。さぶろーです。

 

今回は中山競馬場で行われる弥生賞(芝・2000m)の予想を行っていきます。

 

昨日は東西2重賞とスピカSの3レースで勝負し、大本線ではないものの3レースとも勝つことができました!今日も流れに乗っていきたいと思います!

 

特に、チューリップ賞では週中に注目していたミスパンテールが2強に割って入る2着で、◎カワキタエンカは届きませんでしたが、〇ソウルスターリングから流していた抑えの馬連で大きく回収できたので二重に嬉しかったですね。ミスパンテールは桜花賞でも引き続き注目していきたいと思います。

 

さて、今日は皐月賞トライアルの弥生賞ということで、チューリップ賞同様に、トライアルだということを念頭に予想を行っていきたいと思います。昨年こそ、3強が他馬をぶっちぎる見ごたえ十分のレースでしたが、例年荒れる傾向があるのでしっかり予想していきたいところ。

 

今年は逃げ馬不在でスロー濃厚ということで、位置取りが重要になりそう。よって、前に行ける馬に展開が向きそうなので、そこから入っていくのがベストか。

 

ということで予想に参ります。

 

本命◎はダイワキャグニーにします。

まさかの2番人気でちょっと本命にするのはためらったのですが、前走でメンバーが揃った共同通信杯2着のエトルディーニュに2馬身差をつけたところからこの馬の能力は重賞級であると考えられますし、先行できるところも魅力。右回りがどうかという不安もありますが、普通に回ってこれば勝ち負けだと思います。

 

対抗〇は人気ブログランキングにしました。

週の頭に注目馬ということで挙げていたこの馬を対抗にします。内を引ければ本命も考えていたのですが、大外ということで対抗にしました。前走の共同通信杯ではいったんはハナに立つもタイセイスターリーにかわされたのですが、特に難しい様子を見せることもなく、内でじっくりと脚を溜めるという展開。直線では前がなかなか開かない中で、外を走っていたムーヴザワールドとハナ+アタマ差ということで、負けて強しの内容。あまり器用なタイプではないということで、先行馬が手薄で好位の外目につけられそうなのはいいと思いますし、前走ほど走れればここでも通用すると思います。

 

単穴▲はカデナにします。

能力だけを見ればここでは抜けていると思いますが、賞金をもっているということとトライアルであるということ、差し届かずの可能性があることを考えてこの評価にしました。

 

特注☆はマイスタイルにしました。

2走前のシンザン記念では前に厳しい展開の中粘っての5着は評価できる内容。そのシンザン記念の2着馬は次走共同通信杯4着、3着馬はアーリントンCで強い内容での勝利を挙げているように、決してレベルが低かったレースではなさそう。この馬も次走こぶし賞を余裕残しの仕上げで勝ち切っていますし、前に有利な展開が予想される今回は有利にレースをすることができそう。

 

穴ですがテーオーフォルテはおもしろそう。

前走新馬戦では好位の内でじっくり脚を溜めながらレースを進め、4角では少しおいて行かれる形になりながらも盛り返して勝ち切る強い内容。今回も内を引けたので、同じように運べれば昨日のミスパンテールの再現があっても驚けない。

 

あとはダンビュライトはキレがあまりないので、距離が伸びて前目につけて押し切るようなレースができればということで拾っておきたい。

 

まとめ

◎ダイワキャグニー

人気ブログランキング

▲カデナ

☆マイスタイル

△テーオーフォルテ

△ダンビュライト

 

さて、どうなるでしょうか。