読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファルコンSの予想!

2017-競馬予想

 

はいどーも。さぶろーです。

今回は中京競馬場で行われるファルコンS(GⅢ 芝・1400m)の予想を行っていきます。

 

今日は時間があまりないので、サクッといきます。

とりあえずポイントは以下の通りかなと思います。

 

①持続的に脚を使える持久力が必要。

→距離延長組よりも距離短縮組、同距離組(特に東京1400m)の方が○

②中団前目で脚を溜めてレースを運ぶのがいい。

→極端な脚質はあまり信頼できない

③上がりがかかる展開になる。

→スパッとキレるタイプよりもじわじわと伸びてくるタイプの方が○

 

ということで予想してみました。

 

本命◎はマイネルバールマンにしました。

1200mを中心に使われていましたが、好走しているのは時計がかかる馬場の時だけで、そもそも1200mには向いていない印象。前走のクロッカスSでは直線半ばで先頭に立とうとするも完全にキレ負けしての4着。57kgを背負った上に、直線の上がり勝負はこの馬にとっては全く向かない状況の中で差のない4着は評価できる内容。勝ち馬のタイムトリップは今回人気になるナイトバナレットと差のない競馬をしているので、レース展開が好転する今回は狙い目だと思います。

 

対抗○はコウソクストレートにします。

前走は重馬場、大外枠、右回り、距離延長と本場にとって何重苦ともなったレースで度外視できる。前々走の京王杯2歳Sはその後に活躍馬を輩出しているハイレベル戦で、そこで4着ならば、ここでは威張れるはず。こちらも条件好転で狙えると思います。

 

単穴▲はナイトバナレットにしました。

ひいらぎ賞のレベルが高かったのはレースメンバーをみれば一目瞭然で、馬の強さで言えばこの馬がこのメンバーでは一番なはず。脚質が極端なのが気になりますが、前にいく馬が多いのでこれくらいの評価は必要。

 

特注☆は人気ブログランキングへにします。

イメージとしては一昨年のタガノアザガル。未勝利戦ながら中京1400mでは2戦2連対と大得意。阪神1400mでも好走しているように、1400mと急坂の適性は抜群。ボンセルヴィーソやヴゼットジョリーとも対等に戦えていることや、前走の内容(ハイペースを追走して押しきって1着)を見ると、勝ち上がりに8戦を要しているとはいえ、侮れない存在だと思います。本命にしようとも思いましたが、乗り替わりということとジョッキーが先行してくれるかわからないということを考慮してこれくらいの評価にしておきます。

 

ライズスクリューは内枠なら本命でもと考えていたがまさかの8枠。力的には足りると思うので拾っておきます。

 

メイソンジュニアはマイネルバールマンに勝っている馬で、荒れた馬場を外からぐいぐいと伸びてくる競馬で完勝。ダート→芝、距離短縮で一変あるかも。

 

まとめ

マイネルバールマン

○コウソクストレート

▲ナイトバナレット

人気ブログランキングへ

△ライズスクリュー

△メイソンジュニア

 

さてどうなるでしょう。