読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプリングSの予想!

2017-競馬予想

 

はいどーも。さぶろーです。

 

今回は中山競馬場で行われるスプリングS(GⅡ 芝・1800m)の予想を行っていきます。

 

最近は弥生賞よりも皐月賞に向けてのステップレースとして重要視されているレースということで2歳王者サトノアレスを筆頭にメンバーは揃った感じ。中にはここで権利をとらないと本番に出走できない馬もいるのでその点も考えながら予想を行いたいですね。

 

過去5年の傾向を見ると、極端な脚質の馬よりも安定して先行できる馬が台頭していることがわかります。また、同期間において二桁馬番で連対したのはグランデッツァのみということなので、中山コースらしく立ち回り力が求められることがわかります。ただし、先行して連対している馬はキタサンブラックロゴタイプディープブリランテなど後のGⅠ馬が並ぶので、単に立ち回りだけを重視するのではなく、一定の力を示している馬を選びたいところ。

 

ということで予想にいきます。

 

本命◎はエトルディーニュにします。

この馬、何か悪いことしました?笑 っていうくらい人気がない、というか、人気が無さすぎる馬。共同通信杯で差のない競馬をしていたムーヴザワールドの惨敗やその後のレースぶりが酷いのと東京ばかりで結果を残していることや鞍上が...など、確かに人気を落とす要因はありますが、その東京などの広く直線の長いコースで力を発揮するサトノアレスとベゴニア賞であの差であれば、中山替わりで逆転まで考えられそう。また、この馬は、外枠だったひいらぎ賞以外、常に3番手以内で競馬ができるということで、後ろからいく馬が多い今回は展開利も得られそうです。本番では...という馬ですので、ここは本気で取りに来るはずですので、そういった点も込みで本命に推します。

 

対抗○はアウトライアーズにします。

百日草特別やひいらぎ賞のメンバーレベルはすでに周知の通りで、そこで好走しているこの馬がメンバーレベルとコース適性を踏まえてこの中では1番強いと思います。ただし、気性的な難しさを抱えているようなので、対抗までとしておきます。

 

単穴▲はウインブライトにしました。

これもひいらぎ賞で3着に入った馬で、1600mではアウトライアーズに適性があっただけで、1ハロン延びる今回はこの馬にも逆転のチャンスはありそう。というのも前走の若竹賞では、3角から捲っていって直線では他馬を相手にせず着差以上の完勝。同コースで行われたこのレースであの内容を見せられると、この舞台での逆転は十分にありそう。

 

特注☆は人気ブログランキングへにします。

内枠、逃げ先行、ステゴ産駒ということで、狙ってみたいのがこの馬。前走は逃げて直線に入ってから詰め寄られそうになりながらそこから突き放す競馬で、距離延長、メンバーの脚質を考えてもさらにゆったり逃げられそうな今回は一発あるかもしれません。というか、この馬よりも人気がないエトルディーニュって...

 

△サトノアレスは距離の心配よりもこのコースで末脚を伸ばせるかが心配という点でこの評価。

 

△プラチナヴォイスは先行できることと力を発揮できれば上位争いできるというてんで上位に評価したいのですが、気難しい馬ですのでこの評価にしておきます。

 

さて、どうなるでしょう。

 

阪神大賞典の予想はTwitterに載せるつもりにしてますので、そちらもよかったらどうぞ。