読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪杯の予想!

 

はいどーも。さぶろーです。

今回は阪神競馬場で行われる大阪杯(GⅠ 芝・2000m)の予想を行っていきます。

 

雨の週末と言われていましたが、金曜日に結構降っただけでそれ以降は大きな崩れはなく、想定よりも馬場の状態は良さそう。昨日もディープ産駒がしっかり走っていましたし、マルターズアポジーが引っ張る展開で時計は速くなりそうですが、その中で伸びてこれる馬を選びたいところ。

 

では早速、予想に参ります。

 

本命◎は人気ブログランキングへにします。

この厩舎は始動戦を捨てて馬を作ってくる傾向があり、この馬もしっかりその傾向にのっており、叩き2戦目は(2.2.1.1)とほぼ完璧。天皇賞(秋)で2年連続で馬券に絡んでいますが、実は右回りの方が得意で(3.2.2.3)、古馬に混じってから着外になったのは昨年の宝塚記念だけで、2000mで脚が止まっていたことを考えていると、2200mが長かった印象。その宝塚記念もかなりタフなレースでしたので、本馬にとってはそういったレースの方が良さそう。そういう意味では叩き2戦目というよりも、レース格が上がることでペースが上がった方がレースがしやすいとも言えるのではないか。そう考えれば、ここはこの馬の舞台であるし、この人気であれば積極的に狙いたい。

 

対抗○はキタサンブラックで間違いないでしょう。

実績を見てもここでは抜けた存在で、この人気も納得。昨年の宝塚記念ではかなりのハイペースの中、最後まで粘っての3着でこの馬の強さを印象づけた。今回はマルターズアポジーが引っ張る展開になり、そのときよりも楽にレースを展開できるはず。距離2000mは短い印象ではあるが、馬券外になることはあまり想像できない。

 

単穴▲はヤマカツエースにします。

距離2000mはこの馬にとって絶好の舞台で、阪神は(0.0.0.4)ですが、古馬になる前、夏、大外枠と理由はつけられるので気にしなくてもよいでしょう。夏が苦手で宝塚記念は回避するようですので、ここはメイチでしょうし、金鯱賞連覇や有馬記念の走りからみて、今の充実ぶりは目を見張るものがあります。狙うならここでしょう。

 

特注☆はミッキーロケットにします。

前走は出遅れがすべてで、それでもマカヒキに迫る走りは見せていますし、この世代でも上位の走りを見せています。4走前にはあのサトノダイヤモンドにも距離は違えど、阪神でクビ差まで迫っていますし、2走前には後に日経賞を勝つシャケトラより2kg背負って勝っています。この馬の強さは間違いないですし、最内枠がどうでるかですが、ここでもやれていいと思います。

 

マカヒキは前走が不可解な内容。メイチに作っているわけはないでしょうが、スマートレイヤーに負けたのは不満の残る内容。ただ、外が伸びる今の馬場、距離短縮はこの馬にとっては向くと思いますし、評価は必要だと思います。

 

マルターズアポジーは前走は圧巻の走り。先行馬を全て潰して逃げきった走りは評価できる内容。ただ、距離2000mはギリギリでしょうし、一気の相手強化で最後まで残せるかは微妙なところ。

 

サトノクラウンは逆に距離2000mは短い印象。前走は58kgを背負っての強い内容でしたが、距離2000mでマルターズアポジーが引っ張る展開についていけるか心配ではある。

 

アンビシャスはここまで人気がないのであれば拾っておくべき。小回りは得意な舞台ではありますが、乗り難しい馬で乗り替わりはマイナスか。

 

まとめ

人気ブログランキングへ

○キタサンプラック

ヤマカツエース

☆ミッキーロケット

マカヒキ

マルターズアポジー

サトノクラウン

△アンビシャス

 

さてどうなるでしょう。